読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先の虚構世界

だらだらとお送りする、崎星のTRPGプレイログブログです。

モノトーンミュージアム「名剣ハインスレイヴ(ver.2)」

TRPGサークル「モルゲンステルン」にて、モノトーンミュージアム「名剣ハインスレイヴ(ver2)」をやってきました。

今回はそのログです。

 

まず朝。シナリオ調整やあれこれに必死でダイスを忘れ、ご迷惑をおかけしました。貸してくださってありがとうございました。ダイスカップは持っていたのに、ダイスを忘れるなんて、私は…私は…ってなってました。

今度からは前日から準備したいです。…と、毎回言ってはいるのですが結局当日に準備をはじめてしまいます。そしてバタバタして時間ぎりぎりに滑り込んでいます。次こそ!


今回まず課題だと思ったのは、やったことのない方に、モノトーンミュージアムのシステムをどう説明したらいいのかということです。
モノトーンミュージアムは世界観が特殊で、この世界観についていけなければ相当厳しいことになるのですが、私はどうしても説明が苦手で、中々上手くできないのが問題だよなあと。

人前で話すのが苦手で、あまり自分から喋らない私がGMやるのも若干どうなのかなあと思ったりもしますが、GM楽しいので頑張ります。

いろいろな方の説明方法を見て少しずつ学んでいければな、と思います。


セッションの内容。

今回はテストプレイにてご指摘いただいたところを修正しました。HOも大きく変わったのでver2という感じに。具体的にはヒロインの家が一気に名家になったり、PC2の推奨サンプルが変わったりなどでしょうか。
あと個人的には、ボス伽藍はぶれない、自分の正論振りかざす、絶対に説得されない、を意識してRPしていたりいました。
前回よりは上手くできたんじゃないかな、とこっそり思っていたりします。少し声大きめにして「お前に何がわかる!」とか言うのとても楽しかった。

ほとんど同じシナリオなのに、やっぱり違う話になるということが本当におもしろいなと思いながら見ておりました。


そして、PLさん本当にありがとうございます。
とにかく拙いGMでしたが、いろいろ皆さんに助けられて、最後まで回せたんだなと思っています。ありがとうございました。

一つ言いたいのは、範囲攻撃を吸収して跳ね返してくるあのコンボはキツかったってことです。何とか耐えましたがもうあの段階で憤怒乗せなくても叩かれたら死ぬなこれ、ぐらいしかHP残ってなかったです。皆さん何かすごく楽しそうだった。

楽しんでもらえたならば何よりです。悔しくないと言えば嘘になりますが!何かの機会で私も使おうかなあ。


今回も様々なアドバイスいただきました!ありがとうございます。またHO等修正して、次は「名剣ハインスレイヴ(ver.3)」としてどこかで回せたらいいなと思います。


PLさん方、どうもありがとうございました。