読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先の虚構世界

だらだらとお送りする、崎星のTRPGプレイログブログです。

モノトーンミュージアム「至高の剣」

オンラインテキストセッションにて、モノトーンミュージアム「至高の剣」にPL参加してきました。このセッションはいろんな意味で記憶に残るものでした…。
続きからどうぞ。

 

 

今回のこのセッションは、版権RP卓でした。モノトーンミュージアムで版権RPものはやったことがなかったのでとてもわくわくしておりました。
キャラシ作成時間もおそらく最短で、キャラのイメージであっという間に組み上がって驚きでした。
確かにもうモノトーンは20回くらいはやってるもんなあ、と思ったりもしました。しかしまだまだ修行は足りないですね。やったことないクラスあるし(海守りと渡り。PLとしてやっていない、とするとさらに増えます)。

特技の組み合わせは我ながら上手く行ったと思っています。自画自賛ごめんなさい。しかしこれはフラグだったのだと気づくのはクライマックスの2ラウンド目のことでした…。


PC、NPC含めいろんなキャラと絡めてとても楽しかったです。とてもおもしろい演目でした。
モノトーンのテキセオンリーは不慣れな感じでご迷惑かけた気はしますが、PLさん方のまっすぐでとても素敵なRPだったり、また上手く他と絡んでいくRPだったりで助けられました。ありがとうございました!


そして、クライマックスの2ラウンド目。みなまでは言いません。あれは誰も悪くない…典型的な、出目事故でした。
確かにこうなる可能性はあるよな、と誰しも思ったことのあるだろうことがそのまま起こったというか…そんな感じでした。もし私がGMだったらどうするかな、と考えたりも。

本気で、これはパーティー全滅あり得るぞ、と思いました。一回[死亡]したことはあるのですが(そして敗北した)、パーティーの全滅ははじめてだな…せめてRPででもいいから相討ちにしたい…と画面の前で頭抱えてました。


何があったのか、そしてどうなったのかはきっと動画で見られるのではないかと思います。


是非また同卓したいなと思っております。時間が空いていない&オンラインGMは特に不慣れというのがあって中々決心つきませんが、そのうちモノトーンの卓を立てたいなあ。

GMさん、PLさん方どうもありがとうございました。動画楽しみにしています。
機会ありましたらまたよろしくお願いいたします。