読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先の虚構世界

だらだらとお送りする、崎星のTRPGプレイログブログです。

モノトーンミュージアム「空の代償」


ツクエアソビにて、モノトーンミュージアムやって参りました。今回はそのログです。

 

飛空艇を作るというトンデモ?演目にお付き合いくださりありがとうございました!

 

久しぶりのツクエアソビGMでした。相変わらず会場の大きさや人数の規模、そして熱気は本当に凄いです。


毎回のことなのですが、モノトーンミュージアムはじめてです!とか二回目です!と言われると物凄く緊張してしまいますね。システムの印象がついてしまうような気がするので、楽しんで貰わねば!と意気込んでます。


システムや私の演目,もしくは回し方の好き嫌い、合う合わないは必ずあるでしょうし、仕方ないとは思っているのですが、モノトーンミュージアム楽しかったなという印象だけは持っておいて貰えるととても嬉しいなと思っています。

そんな話はおいておいて、今回の卓です。


この演目のコンセプト、それはずばり、飛空艇を作ること。まだ回す予定があるので詳しくは言いませんが、PLさんによって、もしくはダイスによって?違う飛空艇になるといいなあ、と考えていました。

今回はなんとイメージに、と持ってきた絵にPLさんが色を付けてくださいまして、おお!となりました。やはり視覚情報となっていると違いますね。ありがとうございました!

中々抜かれないだろうと思っていた一番上等な素材を全部持っていかれたりしましたね。まだまだ調整は必要だなあと思いました。


優しく素敵なからくりさん、元気いっぱい好奇心旺盛な女の子、ダンディなおじさま、お調子もので美味しい水を求める渡りさんという濃く、そしてわくわくするパーティでした。見ていて楽しかったです。


私の反省としましては、ちょっとボスが殴りづらかったかな…とか、もっと皆さんに喋って貰えるようにならねば…とか、描写やキャラ立てをもう少し詰めねばということや、あとボスデータも……ううん、反省がいっぱいですね。


飛空艇が本当に飛んで良かったです。
制作パートの時わいわいとダイス振ってるのを見て、頑張って考えてよかった、と思えたりもしました。


まだまだ未熟GMですが、最後まで回せたのはPLのみなさんのおかげだと思っています。感謝しています。

どうもありがとうございました。
また機会ありましたらよろしくお願いします!